同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

SSマンション

1: ◆btZY.W7DfU 2018/06/08(金) 23:53:24.60 ID:B/J6HWKnO

千秋(……雨が降ってきた)

千秋(今日はレッスンの予定が無いし、大学から直で家に帰ろうと思ったのだけれど……)

千秋(傘も持ってきてないし、……なんだか、気が滅入るわ)

千秋(……こんなとき、プロデューサーがちょうどよく、車で目の前を通ってくれればいいのだけれど)

千秋(……なんて、ダメね、私。人に頼るなんて……)

千秋(プロデューサーがいないと雨の中を歩けないだなんて)

千秋(……悩んでいても仕方ないわね。本降りになる前に多少濡れることを覚悟して……)

P「あれ、千秋」

千秋「……」

千秋(目の前に……、車に乗ったプロデューサーが……)

P「どうした? 送ってこうか?」

千秋「……せっかく、自分を戒めて、決意したところだったのに、いけない人」

P「え?」


2: ◆btZY.W7DfU 2018/06/08(金) 23:55:19.94 ID:mVxZk5g70

すみません、デレPです。

以下Pになります。

短編なのでサクッと終わります。



3: ◆btZY.W7DfU 2018/06/08(金) 23:56:38.72 ID:mVxZk5g70

千秋「私ね、こう見えてロマンチストでね、白馬の王子様に憧れたりもするのよ」

P「すまねえな、やって来たのがヴィッツに乗ったサラリーマンで」

千秋「あら、ごめんなさい、皮肉じゃなくて、本当に嬉しかったのよ」

千秋「このままだと、雨に濡れて帰るところだったから」

P「なに言ってんだよ、大事なアイドルなアイドルに風邪を引かせられるわけないだろ」

千秋「アイドルじゃなかったら、助けてくれなかったの?」

P「アイドルじゃなかったら、そもそも接点が無くないか?」

千秋「そうじゃなくて、もう……」

P「……?」