同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

SSマンション

1: ◆8rI.G6zKUs 2018/05/26(土) 00:24:45.36 ID:QlKbucxDO

聖來「あ、海ちゃーん! 先週プロデューサーさんとほたるちゃんと一緒にドッグラン行ったときの写真、持ってきたよー!」

海「あぁ、この前言ってたやつ? 見せて見せて。 ……おー、いい表情だね、二人もわんこも!」

聖來「ありがと! 広くって思いっきり走り回れるし、アスレチックとかもあって楽しかったよ!今度海ちゃんも一緒に行こうよ!」

海「いいね、楽しみにしてるよ。それにしても、改めて言うのもなんだけどさ、聖來さんとほたるってタイプも違うし歳も離れてるだろ? あんまりイメージ結び付かないから仲が良いのって最初は少し意外だったよ」

聖來「そう? ユニット組む前からほたるちゃんとはよく一緒にレッスンしたりわんこの散歩したりしてたよ」


2: ◆8rI.G6zKUs 2018/05/26(土) 00:26:10.99 ID:QlKbucxDO

聖來「それにほたるちゃんはアタシのライバルでもあるからね」

海「へぇ? それは初耳だね。なになに、もしかしたら面白い馴れ初めとかある?」

聖來「馴れ初めって海ちゃん……」

海「ごめんごめん、でも聞いてみたいな」

聖來「うーん……、ほたるちゃんはね、アタシに覚悟を決めさせてくれたんだ」

海「覚悟?」

聖來「そう。夢を諦めないって覚悟。詳しく話すとアタシがアイドルになる頃からの話になるからちょっと長くなっちゃうけど……?」

海「聖來さんさえ良ければぜひ」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 00:31:16.26 ID:QlKbucxDO

聖來「んん、改まって話すとなるとちょっと恥ずかしい気もするけど、まいっか。……アタシ、昔から踊るのが好きでね、アイドルになる前は友達とストリートダンスやってたんだ」

海「うん、それは知ってるよ。そこでプロデューサーさんにスカウトされたんだよね」

聖來「結果だけ言えばね。でもね、そんなにかっこいいものじゃないんだ。運が良かっただけかもしれない。ストリートダンスって言ってもあの頃やれてたのは真似事みたいなもので、思いっきり踊れてたのは数えられるくらいしかなかったの。一緒にダンスやってた友達は社会人になってからどんどん熱が冷めてきたみたいで、どうせ誰かに見せるわけでもないしそんなに本気でやんなくてもいいじゃんって、ちょっとステップの練習して体動かして終わりとかその程度になってきて。アタシも、23歳にもなってずっとこんなことしてられないのかなって思ったりもして。そんなだから本気で踊れる場所がだんだん無くなってて」

海「そうだったんだ」

聖來「プロデューサーさんが声を掛けてくれたときは嬉しかったな。アタシのダンスを見たいって言ってくれて、もっとたくさんの人の前で踊ってみないかって言ってくれて。まだ本気で踊れる場所がある、好きなダンスを続けられる、それもステージの上でだなんて夢のようだと思ったよ。最初で最後のチャンスだと思って思いきってアイドルの世界に飛び込んだ。燻ってたアタシを見つけて引っ張り上げてくれたプロデューサーさんに応えるためにも全力でやろうって思った」