同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

SSマンション

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 07:03:58.70 ID:EbPORQ6r0


-Day After Day-


――夢が、あったんです。


きっと届くと信じていました。

手を伸ばせば、つかめるはずだと思っていました。


――努力をしたんです。


お金をかき集めて、故郷を飛び出して。

実家よりもずっとボロボロのアパートに住んでいました。

家賃以外は不満しかない部屋だったけれど、それでよかったんです。

夢を叶えて、すぐに出ていくんだから。これでいいんだって。


――たくさん、努力をしたんです。


仕事とレッスンで毎日が充実していました。

楽しかった。デビューを約束し合った仲間もいたんですよ。

最高に輝いていると思ってました。精一杯に生きていると充実していました。


――たくさん、たくさん、努力をしたんです。


そうして、何年かが過ぎました。夢はまだつかめてなくて。

走っても走っても、届かない気がしました。初めて、夢が……遠いなって。

心が迷いました。それでもくじけなかったです。

いらないものを捨てました。欲しいものを諦めました。

前だけを見据えて、夢だけを真っ直ぐに見つめて、走り続けたんです。


――たくさん、たくさん、たくさん、努力をしたんです。


時間だけが過ぎていきました。必死に伸ばした指先は、なににも届かなくて。

一緒に頑張ろうと励まし合ってきた仲間は、いつの間にかいなくなっていて。

すぐに出ていくつもりだった部屋の空気が、気づいたら実家よりも身体に馴染んでたんです。


――人は、誰かになれる。


昔の言葉です。大好きな言葉だったんです。

初めて聞いた時は、心が踊ったのを覚えてます。

あの頃は、無限の可能性が私にはあるんだって、根拠もなく信じる純粋さがあったのに。


――ねえ、見てください。私の手。


洗剤で荒れた、冷たい指でしょう。最後にネイルサロンに行ったのが、もう何年前かも思い出せなくて。

身体に無理が効かなくなって、レッスンはやめました。それで浮いたお金で、ようやく貯金を始めたんです。

毎月、少しずつ残高が増えていきました。このまえ確認したら、故郷を飛び出して以来の、まとまった額になっていたんですよ。

嬉しかったなあ。日々の節制が大きく実った証でしたから。わくわくして、何をしようかと考えて、それで。それで……。


――アイドルになりたかったんだって、思い出しました。