同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1: ◆eltIyP8eDQ 2017/12/29(金) 22:28:49.39 ID:3UUVGVQ/0




濁流が、少女を乗っている戦車ごと押し流そうとしてくる


冷たい水が、命を奪っていくのを少女は肌で感じる


「やめてっ!!離してっ!!」

「やめません、離しません」


2: ◆eltIyP8eDQ 2017/12/29(金) 22:30:01.00 ID:3UUVGVQ/0




流されていた戦車は浅瀬にか、あるいは突き出た岩にでも引っかかったのか、車体全部を水に沈めながらもキューポラから上体を出すことで少女は辛うじて息ができていた。

だが、それも長くは持たないだろう。戦車の川への抵抗は少しずつ弱くなっていく


「っ…あなたまで流されるわよっ!?」

「大丈夫です、エリカさん。あなたは絶対に助けますから」


3: ◆eltIyP8eDQ 2017/12/29(金) 22:31:48.80 ID:3UUVGVQ/0



エリカと呼ばれた少女―――その眼前にいる栗毛の少女は、片手で必死に車体を掴みながらも、もう片方の手で水に沈むエリカの手を握りしめていた

荒れ狂う濁流は少女たちを、繋いだ腕ごと引き裂こうと言わんばかりに容赦なく襲い掛かってくる

このままじゃ共倒れだと、私を見捨てて。と、エリカが何度叫ぼうとも栗毛の少女はその手を緩めず、必死にエリカを引き上げようとしていた


「このままじゃっ、あなたまでっ!!」


4: ◆eltIyP8eDQ 2017/12/29(金) 22:33:06.11 ID:3UUVGVQ/0




エリカの体が、戦車の抵抗が無くなっていくのを感じ取る


「――――逃げて!!お願い私のことなんかっ!!」

「エリカさん。大丈夫だから」

「なんで!?―――も死んじゃうっ!?」