1: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:20:47.35 ID:4Oufeck40


の続きです
忙しいあまりに前スレが全体的に雑なまま終わったので、そこの補足も含めていきたい

章ごとに書きためたものをまとめて投下するだけなので、結構間隔開くと思います。すまない…

このスレでなんとか三章と四章は書ききって、五章の触りまで行ければいいな…てか、できればこのスレで終わらせたい

とりあえず一個だけ書き忘れてた短編やっときますね


2: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:35:13.87 ID:4Oufeck40



《レポート0》


3: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:35:54.50 ID:4Oufeck40

唐突だが、以前私が深海棲艦とは何か、と尋ねたところ、ーーはこんな風に返してきた

彼らは個にして群にあらず、群にして個にあらず

・・・つまりはどういうことかと言うと、結局、その言葉どうりの意味であった


4: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:36:49.28 ID:4Oufeck40

深海棲艦とは、海に眠るあらゆる怨念、後悔や憎しみ、恨み、怒り。そういったものの混ざり合う存在なのだ

連中はある一個の個体として存在しているように見えるが、実際にはそうではない。奴らの中では多くの念が絡み合い、捻れ合い、犯し合い・・・そうしてある一つのカタチとして、私たちの視界に映り、あるいは捉えられるものなのだ


5: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:37:16.11 ID:4Oufeck40

そして連中は自身を形作るモノのことをよく理解している。よく把握している。なぜなら奴らは、元々その残滓の集まってできた、言わば念そのものなのだから

その証拠に、深海棲艦は皮肉にも艦艇として立派に機能している。砲撃や雷撃を行い、艦載機を飛ばし、哨戒や輸送まで行っている

・・・とどのつまり、彼女らは元々やり方を知っていただけなのだ


6: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:38:07.49 ID:4Oufeck40

これが、私がーーに教えられた真実であった。恐らく、そこに嘘偽りはないと思われる

だが、もしーーの言うことが全て事実だとするならば、奇妙な点がいくつもある


7: ◆PhE6LVcl/M 2017/09/05(火) 13:38:33.86 ID:4Oufeck40

一つはカラダだ。彼女らの体は確かにそこにあるように見えるが、果たして念だけによって彼女らは肉体を得ることは本当に可能なのか

艤装や艦載機にも謎が多い。連中の用いるそれらは、やけに生物じみた気味の悪いものが多く、それでいて我々のものと同質の部分も見受けられるのだから、非常に異質に思われる

もう一つは目的だ。深海棲艦は執拗に人間を襲い、今なお海の支配権を激しく我々と奪い合っているのだが、彼女らの本当の目的はどこにあるのだろうか

人間を全て殲滅すれば満足なのだろうか。それとも、海の全てを我が物にしたいのだろうか。はたまた、単なる気まぐれなのか、あるいは