1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/26(水) 03:20:24.97 ID:Zm8otfVcO

総選挙応援しなきゃ…(使命感)


の続きになるよ

短編→長編→短編→長編 ?
こんな感じの第二章になるよ
何回かに分けてまとめて投下するからGW辺りには終わると思うけど、原田美世専属Pとしての戦いは永遠に終わらない
?ダチャーンPもダチャーンSSももっと増えてー!


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/26(水) 03:21:48.13 ID:Zm8otfVcO

とりあえず、こんな感じ

【北方のとある鎮守府】

すっごく寒い所にあるらしい鎮守府。「海に面してるから色々危なくない?」とは提督談。結局その心配が見事的中し、先日敵の攻撃を受け、現在は執務室と一部の施設が機能停止している
工廠も酒保も資材も装備も無く、お風呂はドラム缶、寝室は一つと、そもそも鎮守府として機能しているのか怪しいレベル
近くに鳳翔さんのお店がある。直線距離で500mくらい?
最近の悩みは潮風で洗濯物の乾きが悪いこととお風呂関係全般

【主な登場人物】

・提督
女の人
黒髪ショートポニー、赤目と青目のオッドアイ、肌がやたら白い、アホ
「基本的に不真面目で子供っぽいが、決める時はそれなりにちゃんと決める人」とは大和談
知識の偏りが酷い
時々、人間を卒業したレベルの力を見せる
趣味は釣りと昼寝

・大和
運用コストの高さから、呉では腫れ物扱いされていた戦艦艦娘。提督に関しても最初はあまり信用していなかったが、なんやかんやあって現在は提督の良き保護者

・鳳翔
第一線を退いた空母。現在は鎮守府近くで居酒屋を営んでいる
提督と大和はよくこの居酒屋を訪れており、鳳翔も交えて歓談に花を咲かせている
お艦