1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/24(日) 23:05:07.854 ID:xCBv5eNzpEVE

みほ「だ、だって俺さんがこういうの好きって言うから……」サンタコス

優花里「またその人の話ですか!?でも、今この部屋にいるのは私と西住殿だけです!!」ハァハァ

みほ「うぅ……優花里さん本当にどうしちゃったの……?」グスッ

優花里「……どうもしてませんよ。私は以前から西住殿を慕っていただけです。それなのに……それなのに西住殿があんな奴と付き合ったりするから……っ!!」プルプル

みほ「お、俺さんを悪く言わないで!!」

優花里「あんなクズニートのどこがいいんですか?それにあの人は本当は西住殿ではなくお姉さんの事が……」

みほ「やめてっ!!!」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/24(日) 23:06:43.335 ID:xCBv5eNzpEVE

優花里「……それをわかってるならどうして付き合ってるんですか?私はあんな奴とは違います。私なら西住殿だけをちゃんと愛し続けます」

みほ「もう……やめて……」ポロポロ

優花里「……」


ーーピンポーン♪


優花里「っ!?」

みほ「俺さん……俺さんっ!!」ダッ

俺「メリークリスマスみほ!……ってどうして泣いてるんだ!?」アセアセ

みほ「俺さん……俺……さん……」グスッ



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/24(日) 23:08:06.942 ID:xCBv5eNzpEVE

俺「困ったな……みほ、ボコの新作BD買ってきたから見よう?」ギュッ ナデナデ

みほ「ヒグッ……うぅ……」グスグスッ

優花里「……」

俺「あれ?君はたしか秋山優花里さんだっけ?もしかして何かあったの??」

優花里「……いえ、何も」

俺「うーんそっか」

優花里「ちなみに聞いてもいいですか?」

俺「ん?どうかした?」

優花里「たしかあなたは無職の筈ですよね?そのボコのBDはどうしたんですか?」

俺「あぁ、これは実は少しアルバイトをして貯めたんだ」テレッ

みほ・優花里「っ!?」