1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/16(土) 21:56:28.09 ID:CJqy7A48O

注意

※ タイトル通りさらっと読める2本立て。
※ 本SSのPは話ごとに別人です。ご注意ください。
※ そのためP側に設定を盛ってます。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/16(土) 21:57:08.71 ID:CJqy7A48O



その1 P「カフェオレに溺れて」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/16(土) 21:58:22.19 ID:CJqy7A48O

ちひろ「そのお二人が、今回スカウトしてきた子たちですね」

P「はい!」


ナターリア「よろしくお願いします!!」
ライラ「ライラさんですー、よろしくおねがいしますねー」


ちひろ「なるほどー……ついに……」

P「はい……すみません、ご心配をおかけしました」

ちひろ「Pさんがこの事務所に来て3ヶ月……誰一人としてスカウトせず、正直気を揉んでいました」

ちひろ「同期の凛Pさんや楓Pさんは、立派な原石を発掘して順調に歩みを進めています」

P「はい……なかなかティンとくる娘が居なくて……ですが、二人が彼女たちに並ぶかどうかは」

ちひろ「そうです、これからです。二人とPさんの頑張り次第です!」

ちひろ「ですが、私は信じてます。満を持して、Pさんが見いだしたお二人ですから!!」

P「はいっ……! 頑張ります!!」グスッ

ナターリア「プロデューサー、泣いちゃ駄目だぞー!!」

ライラ「おちついてくださいー、アイスたべますか?」

P「すまない、頑張って3人でやってこうな!」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/16(土) 21:59:34.01 ID:CJqy7A48O

ちひろ「その後、Pさんは早速二人を連れて、レッスン場に行きました。トレーナーさんたちにご挨拶だそうです」

ちひろ「……このとき、私がもっと早く気づいていれば……この話はきっとここで終わったはずなんです」

ちひろ「そう思うと……私は……」