1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:31:07.38 ID:k2pCEBKbO

~♪ ~♪

エルヴィン「……ふぅ」

エルヴィン(音楽室……今日もたまたま通りかかったから寄ってみたが……やはりここは落ち着くな)

エルヴィン(ピアノ……戦車道全国大会の後の宴会では一種の演出として弾いたが……改めて聴かせるには腕が足りてなくて恥ずかしいな)

エルヴィン(……まあ、再度学び直すということも無いだろうがな)


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:34:02.37 ID:k2pCEBKbO

ガラ……

エルヴィン「っ……?」ビク

カエサル「あ……エルヴィン、やっぱりここに居たのか」

エルヴィン「カエサル……?」

カエサル「2人とも心配してたぞ?忘れもの取りに行って、すぐ戻るって聞いてたのに全然戻ってこない……って」

エルヴィン「す、すまない……少しだけ寄り道するつもりが……」

カエサル「や、平気だ。ほかの2人には先に帰るように言っておいたぞ。置いていったエルヴィンの荷物も持たせて置いたから」

エルヴィン「色々とすまないな……手間を掛けさせて」

カエサル「いいんだ。それに……最近ここでエルヴィンがピアノ弾いてるの知ってたし」

エルヴィン「き、聴いてたのか……?」

カエサル「まあな。ちょっとだけ」

エルヴィン「う……盗み聴きとは悪趣味だな」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:35:05.03 ID:k2pCEBKbO

カエサル「はは、ごめんごめん。まあせっかく今こういう状況なんだし、良かったらピアノ聴かせてほしいんだ」

エルヴィン「はぁ……」

エルヴィン「……期待してる程の腕はないぞ」

カエサル「私にとっては、エルヴィンがどれ程の腕でも十分凄いと思うんだが?」

エルヴィン「仕方ないな……」

エルヴィン(普段だったら絶対聴かせることはないのに……こいつの言葉には調子を狂わされるな)