同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

あやめ速報-SSまとめ-

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/13(月) 00:32:24.46 :REyH9s69o

「大将殿、私を解体してください」


いつもは海の上を艤装を身に着け、こちらに属する艦娘に出迎えさせるのだが、その日はわざわざ陸路で来たことに疑問を抱きながら大将が取り次ぐと、部屋に入り、簡単な挨拶をすますなり、扶桑はそう頼んだ。


大将は扶桑の所属する鎮守府の提督に絶対的信頼を置いていた。


彼の鎮守府には大和がいたのだ。


大和はこの日本の最高戦力であり、その大和の能力を活かせるのが彼だったからである。


そして、その大和は扶桑が鍛えたいうことも、そして、その鎮守府でも古参である扶桑がその鎮守府の皆の精神的支えであることも知っていた。


だからこそ、大将はどうしてだと返す。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/13(月) 00:34:42.51 :REyH9s69o

大将の隣にはここの秘書艦である長門もいる、その視線は扶桑に問うようだった。


大和は確かに活躍をしているが、まだ連度は十分とは言えず、扶桑もそれは承知していて、突然このようなことを言い出したことで大将に叱られることも承知していた。


そして、ここで自身が辞めたのちにどうなるのかと、大和たち鎮守府の仲間や、この横須賀で頑張る妹の山城、そしてかつての西村艦隊の皆の行く末が今更になり気になりだした。


今ならまだ一時の迷いと言えば許されるだろう。そう言って、そして、あの人――――提督の元に戻ろうか。しかし、やはりいやだと心が拒絶する。


「そもそも、君がここにいるということは、彼は知っているのか?」


と、言われて、また更に悲しくなる。