同じSSをまとめているブログ

プロエス!

SSなび

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

SSちゃんねる

1: ◆1ksIWCqdi2 2016/06/10(金) 20:26:37.75 ID:pZlLs7zxo


杏「それはとっても幸せな事だと思わない?」

P「え、そりゃあまあ…うーん?」

杏「何さその微妙な反応は」

P「一口には感想を言い難いというか何というか」

杏「今をときめくアイドルの杏だよ?何が不満なのさ~」

P「どっちかというと不満というか不安」

杏「マリッジブルーってやつ?プロデューサーの臆病者っ!」

P「気が早いなオイ」


2: ◆1ksIWCqdi2 2016/06/10(金) 20:31:15.76 ID:pZlLs7zxo

杏「じゃあ不安って?」

P「まずハードルが多いと思うんだ」

杏「そんなの結婚するなら誰もがそうでしょ」

P「ああ、でも俺たちだと特にあるんだ、具体的に言うと」

杏「ちょっと待って」

P「ん?」

杏「───どんな障害だってさ、私とプロデューサー…二人ならきっと乗り越えられるよ!」

P「トゥンク…」

杏「どやぁ…」


4: ◆1ksIWCqdi2 2016/06/10(金) 20:36:08.96 ID:pZlLs7zxo


P「っは、いかんいかん、こんな簡単に落されんぞ俺は」

杏「あんまり即落ちしちゃったら杏も楽しくないしね」

P「この小悪魔め!」

杏「またあの衣装着ちゃう?あ、でも衣装が無いかー」

P「今度こっそり衣裳部屋から持ってきてしまおう」

杏「杏から言っておいてアレだけどプロデューサーとしてそれでいいの?」

P「こういう時に職権を駆使しないでどうするのだ!」

杏「駄目な大人だよねプロデューサーって」


5: ◆1ksIWCqdi2 2016/06/10(金) 20:42:23.42 ID:pZlLs7zxo

P「職権乱用、いい言葉だ」

杏「それじゃ二人に障害は無いしこのままえんだー」

P「いやー…とはいかんぞ?それはそれだ、話を続けよう」

杏「ぶーぶーそんな事言うと衣装着てあげないぞ~」

P「ぐうっ…!お、惜しいが、非常に惜しいがそれでも惑わされる訳にもいかんのだ!」

杏「むう、そんなに大事な話なの?」

P「そりゃな、ハードルを乗り越えられるとしてもちゃんとした話し合いは必要だと思うんだ」

杏「そーいうのめんどいしプロデューサーにお任せします、まる」

P「二人で乗り越えるんじゃないんかい」