同じSSをまとめているブログ

えすえすMode

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/23(土) 14:01:25 ID:x6SncPAc


以前書いた初期SSのリメイクです。
P4とISのクロスオーバーになりますが
厳密にはP4風味のISSS、という感じです。

転校してくるのはゲームクリア時のハイスペック能力を持った
アニメ版番長、と思ってください。

注意事項

1) P4に関しては、ネタバレが多少あります(PS2版)。
2) >>1独自のIS戦術理論で展開しますが、ぐっとこらえて見てください。
3) 番長の専用機の詳しいスペックは 後々語られます。
4) P4を知らなくても読める……かと思いますが
P4を知っていると更に楽しめるかと……
5) >>1はISをアニメでしか知らない。
6) 一期を見た後に書いたので、更識姉妹は登場しません。

以上です。 それでは始めます。
少し長いので休憩入れながら投下します。



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/23(土) 14:02:40 ID:x6SncPAc


2組の教室


??「はじめまして」

??「鳴上 悠です」


モブ子「ふわぁ……ホントに男の子だぁ」

モブ美「これで1組の織斑君、『世界唯一の』って言うブランドは消えたのね」

モブ枝「それにしても背、高いね。 落ち着いた感じだし一年生に見えない」

鈴「………」


鈴(ふうん……確かにカッコいいけど、一夏の方がいいな、やっぱ)


3:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/23(土) 14:03:19 ID:x6SncPAc


2組の先生「ええと、鳴上君」

2組の先生「何か一言ありますか?」

鳴上「…………」

鳴上「俺は落ち武者じゃありませんので」


ズコ――――!!


鈴(……な、なんか変わった奴ね)


4:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/23(土) 14:04:01 ID:x6SncPAc


昼休み

食堂


鈴「……って、感じの奴だった」

一夏「何かのギャグなのか? それ」

鈴「知らないわよ、そんな事」

鈴「どこかの都会出身って言ってたから、そこで流行ってたんじゃないの?」

一夏「まあとにかく、合同授業が楽しみだな」

一夏「早く手合わせをしてみたい」

一夏「正直、男にとって肩身が狭いからな……IS学園は」

鈴「聞き捨てならないわね……もっと幸せに思いなさいよ!」

一夏(……これだもんなあ)