同じSSをまとめているブログ

SSなび

エレファント速報

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/23(水) 17:51:11.424 :CO6XPd3X0.net

弾「鈴一人で俺の家に来るなんて珍しいな。何の用だ?」

鈴「ちょっと一夏のことで相談がね」

弾「あぁ、恋愛相談か。なるほどな。しかしまた急になんでだ?」

鈴「それが最近ライバルとの一夏争奪戦が激化して……何とかリードしたくて」

弾「ほぁー……IS学園はとんでもないことになってんなぁ」

鈴「まぁそういうことだから、男目線で女の子のドキドキする仕草とかシチュエーションとかを教えて欲しいのよ」

弾「オッケーわかった。まかせとけ!」

鈴「ありがと、弾」


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/23(水) 17:52:42.865 :CO6XPd3X0.net

鈴「あ、でもその前に」

弾「ん?」

鈴「アンタ最近彼女出来たんでしょ?うちの生徒会の」

弾「おう」

鈴「どうやって落としたのか、それを先に知りたいわね」

弾「え、そういうの他人に言うの何か恥ずかしいんだが……」

鈴「お願い!」

弾「……じゃあ。でも別に大したことしてねーぞ?連絡先交換して、あとはメールと電話、デートを繰り返しただけだ」

鈴「それだけ?」

弾「それだけ」


5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/23(水) 17:54:33.338 :CO6XPd3X0.net

弾「まぁ俺は一目惚れ、虚さんも最初から気になってたみたいだからスムーズにいったのかもな」

鈴「なによそれ、はぁ、羨ましいわ」

弾「でもメール1回にも全神経を集中させてたけどな」

鈴「……ふーん、何かかっこいいじゃない」

弾「おいおい、今更俺の魅力に気付いたっておせーぞ?」

鈴「は?何言ってんの?」

弾「……もうこの話はいいか?」

鈴「そうね、これ以上突っついてもノロケにしかならなさそうだし。次の話に、というか話を戻してくれる?」

弾「わかった」