SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

モバP「新しくアイドルプロダクションを作った」

前作:
前作:
前作:

1:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:22:38.51 ID:R6BEvH9r0


 前の仕事をやめる時に貰った退職金と、今までの貯蓄で、何とか新しいアイドルプロダクションを作る事ができた。

 購入した事務所は比較的新しく、古い物件ではないがやや小さい。一般的な収入で一個人が建てるならこの程度が限界か。いや、俺が貧乏なだけかもしれない。

 とりあえず正式に設立を終えた。だが、残念な事にアイドルが一人もいない。

 最初はアイドルのスカウトから始めないといけない。

 だけど俺は男だ。いきなり近寄ってきた男にアイドルにならないかと誘われたら、よほど危機感のない女性では無い限り、俺を怪しむだろう。

 女性の従業員がいてくれれば、男の俺よりも幾ばくか容易にスカウトできるだろうが、アイドルが一人もいない今、給料なんか出せない状態だ。

 やはり、どんなに成功確率が低くても自ら足を運び、声をかけていく必要がある。

 ……それなりに困難だ。

2:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:25:26.25 ID:R6BEvH9r0


 世の中そう甘くない。自分の手でここまで来れたけど、こんなんでこれから上手くやっていけるだろうか……

 ――って、自分で起業するぐらい、俺はこの仕事が大好きじゃないか。今から弱気でどうする。ここまで来たら絶対アイドルになってくれる人を見つけてみせる。

 俺は腹を決め、アイドルになれそうな人をスカウトするべく、事務所を出て、人の多い駅前辺りに向った。

 下手したら通報されかねないが、アイドルに向いてそうな女性へと片っ端から声をかける。

 逃げられたり、無視されたり、悩まれたけど断られたり、何故か雑談になったり、色々な反応を貰ったが、俺は挫けない。

4:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:32:00.59 ID:R6BEvH9r0


「見つからないなぁ……」

 いつの間にか夜になっていた。気がつかないうちに相当な時間歩き回っていたらしい。だが、未だに一人もアイドルになってくれる人が見つかっていない。なってくれそうな人はそれなりにいたが、流石に所属アイドルが一名もいないのは問題のようだ。当たり前だが。

 スカウトではなく、オーディションでもいいのだが、作ってすぐの事務所に果たして人が来るだろうか。案外来るかも知れないが、その子達がアイドルに向いているかどうかは未知数だ。やはり自分の足で探す方がいい。

 駅前の大きな広場にあるベンチに腰掛け、ぼんやりと人混みを見渡す。駅は相変わらず人が多い。

 一日中歩き回って疲れた俺は、ベンチで思う存分体を休めた。くつろぎながら、何となく、空を見上げた。

 星が綺麗だった。大都市だと明るくて見づらいものだが、それにも関わらず、たくさんの星が夜空で瞬いていた。

続きを読む

関連のSS

19pt
【モバマス】和久井留美「キスを貰えるかしら」
13pt
【モバマス】光「P! 変身だ!」モバP「おう!」
15pt
光「P! 変身だ!」モバP「おう!」
61pt
晶葉「できたぞ助手! アイドルを催眠状態にするスイッチだ!」
33pt
和久井留美「キスを貰えるかしら」
38pt
【モバマス】P「どうしてこうなった」
6pt
フレデリカ「青春ごっこ」
10pt
【モバマス】フレデリカ「青春ごっこ」
【モバマス】飛鳥「子供扱い」 ありす「しないでくださいっ!」【R-18】
68pt
【モバマス】飛鳥「子供扱い」 ありす「しないでくださいっ!」
13pt
【モバマス】まゆ「朋さんと宿題」
9pt
ありす「魔法少女マジカルベリー!」
12pt
【モバマス】緒方智絵里「一番ではなくても」
13pt
【モバマス】ありす「魔法少女マジカルベリー!」
19pt
【モバマス】藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」
10pt
藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」
20pt
モバP「フェス限SSR幸子を迎えられなかった」
19pt
まゆ「朋さんと宿題」
57pt
三船美優「私を、最後に選んでくれるのなら」
67pt
モバPちひろ「「ちっひとのお約束条項〜」」