モバP「新しくアイドルプロダクションを作った」

前作:
前作:
前作:
1:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:22:38.51 ID:R6BEvH9r0

前の仕事をやめる時に貰った退職金と、今までの貯蓄で、何とか新しいアイドルプロダクションを作る事ができた。

購入した事務所は比較的新しく、古い物件ではないがやや小さい。一般的な収入で一個人が建てるならこの程度が限界か。いや、俺が貧乏なだけかもしれない。

とりあえず正式に設立を終えた。だが、残念な事にアイドルが一人もいない。

最初はアイドルのスカウトから始めないといけない。

だけど俺は男だ。いきなり近寄ってきた男にアイドルにならないかと誘われたら、よほど危機感のない女性では無い限り、俺を怪しむだろう。

女性の従業員がいてくれれば、男の俺よりも幾ばくか容易にスカウトできるだろうが、アイドルが一人もいない今、給料なんか出せない状態だ。

やはり、どんなに成功確率が低くても自ら足を運び、声をかけていく必要がある。

......それなりに困難だ。

2:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:25:26.25 ID:R6BEvH9r0

世の中そう甘くない。自分の手でここまで来れたけど、こんなんでこれから上手くやっていけるだろうか......

――って、自分で起業するぐらい、俺はこの仕事が大好きじゃないか。今から弱気でどうする。ここまで来たら絶対アイドルになってくれる人を見つけてみせる。

俺は腹を決め、アイドルになれそうな人をスカウトするべく、事務所を出て、人の多い駅前辺りに向った。

下手したら通報されかねないが、アイドルに向いてそうな女性へと片っ端から声をかける。

逃げられたり、無視されたり、悩まれたけど断られたり、何故か雑談になったり、色々な反応を貰ったが、俺は挫けない。

続きを読む