SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

モバP「新しくアイドルプロダクションを作った」

前作:
前作:
前作:

1:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:22:38.51 ID:R6BEvH9r0


 前の仕事をやめる時に貰った退職金と、今までの貯蓄で、何とか新しいアイドルプロダクションを作る事ができた。

 購入した事務所は比較的新しく、古い物件ではないがやや小さい。一般的な収入で一個人が建てるならこの程度が限界か。いや、俺が貧乏なだけかもしれない。

 とりあえず正式に設立を終えた。だが、残念な事にアイドルが一人もいない。

 最初はアイドルのスカウトから始めないといけない。

 だけど俺は男だ。いきなり近寄ってきた男にアイドルにならないかと誘われたら、よほど危機感のない女性では無い限り、俺を怪しむだろう。

 女性の従業員がいてくれれば、男の俺よりも幾ばくか容易にスカウトできるだろうが、アイドルが一人もいない今、給料なんか出せない状態だ。

 やはり、どんなに成功確率が低くても自ら足を運び、声をかけていく必要がある。

 ……それなりに困難だ。

2:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:25:26.25 ID:R6BEvH9r0


 世の中そう甘くない。自分の手でここまで来れたけど、こんなんでこれから上手くやっていけるだろうか……

 ――って、自分で起業するぐらい、俺はこの仕事が大好きじゃないか。今から弱気でどうする。ここまで来たら絶対アイドルになってくれる人を見つけてみせる。

 俺は腹を決め、アイドルになれそうな人をスカウトするべく、事務所を出て、人の多い駅前辺りに向った。

 下手したら通報されかねないが、アイドルに向いてそうな女性へと片っ端から声をかける。

 逃げられたり、無視されたり、悩まれたけど断られたり、何故か雑談になったり、色々な反応を貰ったが、俺は挫けない。

4:むぶろふすか ◆gijfEeWFo6:2013/05/16(木) 00:32:00.59 ID:R6BEvH9r0


「見つからないなぁ……」

 いつの間にか夜になっていた。気がつかないうちに相当な時間歩き回っていたらしい。だが、未だに一人もアイドルになってくれる人が見つかっていない。なってくれそうな人はそれなりにいたが、流石に所属アイドルが一名もいないのは問題のようだ。当たり前だが。

 スカウトではなく、オーディションでもいいのだが、作ってすぐの事務所に果たして人が来るだろうか。案外来るかも知れないが、その子達がアイドルに向いているかどうかは未知数だ。やはり自分の足で探す方がいい。

 駅前の大きな広場にあるベンチに腰掛け、ぼんやりと人混みを見渡す。駅は相変わらず人が多い。

 一日中歩き回って疲れた俺は、ベンチで思う存分体を休めた。くつろぎながら、何となく、空を見上げた。

 星が綺麗だった。大都市だと明るくて見づらいものだが、それにも関わらず、たくさんの星が夜空で瞬いていた。

続きを読む

関連のSS

モバP「てるこ~、可愛いぞてるこ~」
モバP「だりやすかれんと前川さん」
佐久間まゆ「きっと永遠に」
13pt
加蓮ちゃんは服を脱ぎます
9pt
双葉杏「おとなしく寝てろ!」
8pt
フレデリカ「音ゲーの達人ごっこ」
27pt
早苗「私たちの」瑞樹「妹!」
26pt
小松伊吹「なんだよエスパーか!?」
56pt
モバP「マジでストレイトなお嫁」
18pt
【モバマス】喜多見柚「特別なアタシ」
18pt
市原仁奈「あーいでんてぃてぃーがー」前川みく「にゃあああーあーい」服部瞳子「?」
15pt
フレデリカ「人生のゲームごっこ」
16pt
李衣菜「…ここどこ?」
19pt
楓「駄洒落」美羽「対決」
15pt
柚「コーヒーは、苦いけど」
29pt
夕美「クイズで」拓海「勝負?」
19pt
「アイドル水木聖來、スタートアップ」
33pt
藤原肇「不慣れに触れて、踏み込んで」
34pt
【モバマス】まゆ「もっとまゆを夢中にさせてください。」【百合注意】
96pt
モバP「チョコの合間にやたら歌舞伎揚げ押し込まれるんだけもががが」