関連SS




2: ◆LrnMS65xkM:2018/05/27(日) 15:40:36.24 :In3zac1q0

「はっはっはっ...」

早朝、都内の指折りの広さを誇る公園で日課としてランニングに勤しむアイドルがいた。上下ともに半袖のトレーニングウェア、すらりとした脚が目を惹く。

彼女の元気な姿をお目にかかりたいとこの時間帯に運動・通勤している男の割合は極端に多い。

「とうちゃーく!」

公園内のとあるベンチに着いた少女は元気よくゴールインの声をあげた。

十数秒の後、遅れてとある男が彼女に駆け寄る。

「いやぁ、さすが毎日ランニングしているだけあって悠貴は速いなぁ...」

「Pさんだって全然息が上がってないじゃないですか。ブランクがあるとは思えませんでしたよ!」

「ははっ、ありがとう」

爽やかな印象の男はアイドル乙倉悠貴の担当プロデューサーである。元陸上部のエースだった経歴があり、細身ながらも長距離走に適した身体つきを維持している。

悠貴が密かに想いを寄せている異性でもある。


3: ◆LrnMS65xkM:2018/05/27(日) 15:42:10.46 :In3zac1q0

「ほらPさん、私がランニングで1着になったら...」

「おっそうだった。言うことを1つだけ聞くんだったな、無茶なことは勘弁してくれよ~」

「大丈夫ですよっ。そんなにハードルの高いことは要求しませんから!」

タオルで汗を拭い、常温のスポーツドリンクを飲みながらランニング前に決めていた約束について話す2人。

悠貴は頰を若干赤く染め顔をうつ向かせ、両手の親指をもじもじと回しながらPに要求する。

「最近オープンした遊園地ってありますよねっ。それで今度のオフの日一緒に行こうかと.........?」

ふとPの様子を見るとあらぬ方向を向いていた。悠貴も彼の視線の先を見るとランニング中の成人女性が1人。

170cm前後の身長、綺麗な髪の毛を後ろに束ねている。モデルのような美しい脚も特徴的だが特に悠貴の目を惹かせたのは.........

(あの人、結構胸がある.........)

スポーツインナーで押さえつけられているであろう推定Eカップだった。

再びPの様子を見ると心なしか鼻の下を伸ばしているように見えた。

(もぉ~!この人は~!!)

「おっとスマンスマン、ちょっと疲れてボーッとしてた。それでお願いってのは...」

「もういいですっ!それじゃあ私は寮で準備してから事務所の向かいますので失礼します!」

「あっ、おい悠貴?.........行っちゃったよ...ふくれっ面も可愛かったな。」

悠貴の乙女心も知らずにPは呑気な独り言を放った。