1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:53:11.44 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「いいわね。もちろんオーケーよ!」

曜「ほんとに?やったぁ!」

鞠莉「ふふっ♪」ニコニコ

鞠莉(曜の方から誘ってくれるなんて思わなかったな♪)

曜「それじゃ、はい、これっ!」つカフェOーレ

鞠莉「えっ」

曜「ん?」



2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:54:13.24 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「これ、なの?」

曜「うん!」

鞠莉「あ、ああー。そっか、うん...」

曜「あれれ、微妙だった?」

鞠莉「微妙っていうか、想像と違ってたっていうか...」

曜「想像と違う?でもこれ、コーヒーでしょ?」

鞠莉「いや、そういうことじゃなくて。確かにそこもイメージと違ったんだけど」

曜「あ、そっか!鞠莉ちゃんコーヒー通だから、逆にこういうのは普段飲んだことないとか、そういうことだよね!」

鞠莉「う、うーん」


3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:55:57.95 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「...まあ、確かに最近飲んだ記憶はないわね」

曜「あ、やっぱり?バリエーションも多くてさ、甘さ控えめとかもあるんだよ」

曜「私、苦いの得意じゃないから、これは通常バージョンだけどねー」

鞠莉「あら」

鞠莉(苦いのがダメなのに、わざわざコーヒー持ってきてくれたんだ)クス

曜「ん、どうかした?」

鞠莉「いーえ♪」


6: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:59:35.39 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「じゃ、早速いただきましょうか」

曜「そうだね!いただきまーす!」チュー

鞠莉(これ、本当に久しぶりね。最後に飲んだのはいつだろう?)

曜「うん、美味しい!」

鞠莉「どれどれ...んっ」チュー

鞠莉(あ、あまい。コーヒーを思い浮かべてたせいで余計に...)

鞠莉(思い起こせば、最後に飲んだのはおそらく高校に入る前だろうし。甘いのは当たり前よね...)

曜「んー♪」チュー

鞠莉(...でも、美味しい)ニコ