同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

1: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/06(水) 22:47:09.71 ID:Bb3Y7mn80

・ドライブです
・前作を読む必要はないです
・走り屋のはなしではありません
・時空についてはスルーしてください
・アタシ注意

前作


3: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/06(水) 23:01:00.14 ID:Bb3Y7mn80

「ドライブぅ?

ツーリングじゃなくて?」

「おう」

木村夏樹は逆立った髪をなでつけながら頷いた。

「ちょっと積もる話があるんだ」

「いつ積もらせたのさ」

松永涼は夏樹と仕事をともにすることが多く、

プライベートでの交流も深い。

改めて何を話そうというのだろうか。

「まぁその日は空いてるけど」

「じゃあ、家の前に車回すからよ」

「それにしても...車なんていつ買ったんだ?」

「今から」

「はぁ?」

「今から選ぶんだよ」

涼は夏樹の無計画さにあきれた。

だが、その無鉄砲さに心が弾んだりもした。


4: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/06(水) 23:01:37.65 ID:Bb3Y7mn80

1ヶ月と2週間後、涼の住むアパートの前に、鈍色の、無骨な四輪駆動車が現れた。

角ばった大小のコンテナを継ぎ合わせたような外観。

悪路を走破する高めの車高と、強靭なシャフト。

グリルと平行に設けられた、丸いライトには不思議な愛嬌がある。

夏樹が運転席から降りてきた。

折り目のない、清潔感のあるホワイトのTシャツ。

さらに分厚い牛革のライダースジャケットを着込み、

ボトムスは、まさに満身創痍といった具合のジーンズ。

おろした髪が、初夏のさわやかな風にそよいだ。

額にはうっすらと汗がにじんでいる。


5: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/06(水) 23:02:11.65 ID:Bb3Y7mn80

「おまっとさん」

夏樹がおどけたように、左手で敬礼をする。

「来たねジョニー木村」

「そういうお前はジョーイ松永か」

「上背がちょっと足りないね」

涼も夏樹と似たような格好をしている。

「あと2人は?」

「じゃあアタシがディー・ディー木村になってだな...」

「ファーストネームで合わせるとお笑い芸人みたいだね」

「転向するか?」

「考えとく」