1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/02(土) 19:31:12.06 ID:EQKNnydO.net

千歌「果南ちゃんこと、松浦果南のプロフィールを変えちゃうよ♪」

ダイヤ「そこは変えるかなん?ではないのですね」

千歌「......かなぁん?」

ダイヤ「そこだけ付け足しても」

千歌「ハグしよ♪」

ダイヤ「突然言われても」

果南「よくわかんないけどよろしく~」



2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/02(土) 19:31:45.98 ID:EQKNnydO.net

―スクールアイドル部室―

千歌「プロフィールをー?」

ダイヤ「......」チラッ

果南「?」キョトン

千歌「かえるー?」

ダイヤ「......」チラッ

果南「?」ニコッ

ダイヤ「///」

千歌「ダイヤちゃん、なんで顔赤いの?」

ダイヤ「け、今朝リンゴを食べたので」

千歌「果南ちゃんの笑顔に照れたんだね」

ダイヤ「照れてなんか......」チラッ

果南「ん~?」ニコニコ

ダイヤ「///」

千歌「イチャつくのは後でやってもらうとして......とうとう来たね!プロフィール更新委員会のさいじゅーよーあんけん!」

果南「呼ばれちゃった」

ダイヤ「プロフィールを一分で提出してきた果南さんですからね。下手すると全て変更もありえますわ」

千歌「今までのは人選が悪かったんだよ。完璧な曜ちゃん、スクールアイドル大好きルビィちゃん......でもやっと変えられる!」

果南「心外だなぁ。私だってちゃんと考えて書いたんだよ?」

ダイヤ「一分でですか?」

果南「うん」

千歌「じゃあ一分で書いたプロフィールを見てみようか。ホワイトボードにちゅーもくっ!」

果南「むぅ......」ムスー