ミリP「よし、千早と初詣に行くぞ!」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 20:34:47.71 ID:IkrkuFooo

美咲「あ、プロデューサーさん! えへへへ、明けましておめでとうございます!」

P「明けましておめでとうございます、青羽さん。今年もよろしくお願いします」

美咲「はい、よろしくお願いします! それで早速なんですけど......。
じゃーんっ! 社長さんからお年玉を預かってます!」

P「本当ですか! おお、すごい! こんなにたくさん......!」

美咲「普段がんばってくれてるから、って言ってましたよ!」

P「あはは、ありがたいですね。あとで社長にお礼を言っておかないと。
青羽さんも、ありがとうございます」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 20:35:40.22 ID:IkrkuFooo

美咲「いえいえ、私は預かったものをお渡ししただけですから!」

P「あ、そうだ。ところで青羽さん、千早はもう事務所には来てますか?」

美咲「千早ちゃんですか? はい、少し前に来て、今はレッスンルームだと思いますよ」

P「そうですか、ありがとうございます!
それじゃ、ちょっと千早のところに行ってきますね!」

美咲「あっ、はい! いってらっしゃーい」

美咲(プロデューサーさん、千早ちゃんとお仕事の話かなぁ?
レッスンのあとは確かオフって言ってたけど......お正月から仕事熱心だなぁ。
私も頑張らなきゃ!)



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 20:38:17.49 ID:IkrkuFooo




劇場、廊下

P「......」

P(いよいよだ......遂にこの時がやってきたぞ! 念願の、千早と初詣に行く時が!
担当アイドルと一緒に初詣に行くのが俺の夢だったんだ!
そして千早の隣で、神様にお願いするんだ......。
『俺の願いはいいから、千早の願いを二倍叶えてください』ってな......!)

P「ふふふ......そのためにスケジュールはばっちり調節したし、
単純計算で少なくとも180回は初詣に行くチャンスがあるはず。
まぁ、180回も使わなくても普通に誘えば行けるだろうけど......」

P(っと、独り言が過ぎたな。いかんいかん。
さて、もうすぐレッスンルームに......)

P「......ん? あれは......」



続きを読む