【ミリマス】可奈、生クリームかな


1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/12/31(日) 07:35:50.61 ID:KdYkCwkoo

===

「クリームは~、口溶け滑らかクリーミ~♪」

そう口ずさんで、大きなシュークリームに口をつける。

「カスタード~、プリンと合わせるクリーム~♪」

さらに、右手に持ったスプーンですくったプリンもパクリと口の中。

「スイーツが~、合わさり奏でるハーモニーっ♪」

心底幸せそうな顔をして、歌う彼女には悪いけど。

「......ねぇ可奈、それは少し食べ過ぎじゃない?」

忠告。私は読み込んでいた台本から顔を上げると、
テーブルの上でお一人様スイーツパーティを開いていた可奈をできるだけ優しく睨みつけた。

......するとキョトンなんて音がしそうな顔をして、彼女が私の方を見る。

スポンサーリンク


2: ◆Xz5sQ/W/66 2017/12/31(日) 07:38:13.78 ID:KdYkCwkoo


「食べ過ぎ......てる? 志保ちゃん」

「訊き返して来るってことは、自覚が無いっていう証拠ね」

そうしてまた、そう言う私の目の前で可奈はシュークリームに齧りつくと。

「ひひゃふふぁふぁいっへひふぁれふぇほ――」

「お行儀。飲み込んでから喋りなさい」

「んぐんぐ、んっく! ......でも志保ちゃん。
自覚が無いって言われても、私シュークリームもプリンもこれが一つ目だし」

「そこ、"一つ目"じゃないでしょ。普通は一つで十分なの」

「......だからこうして、シュークリームとプリンを一つずつ」

「食べない。どちらか一つを一つで十分よ」

まるで子供みたいな屁理屈。

私は「呆れたわね」と言わんばかりに大げさなため息を一つつくと
丸めた台本で可奈を指した――正確には、彼女の前に広げられた沢山のお菓子たちを。

そう、彼女の前にはコンビニで売ってるシュークリームとクリームを乗せたカスタードプリン。

ホイップクリームを挟んだエクレアに、既に平らげられてしまったクリーム大福とクリームタルトの空き袋。

飲み物はストローが刺さった紙パック入りの生クリームシェイクという
実にクリームだらけのクリーム三昧クリームクリームクリームクリーム......!


続きを読む