果南「ねぇ、ダイヤ…いいでしょ?」ダイヤ「ダメです」


1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/23(土) 16:55:06.88 ID:8QqLnEu3.net

果南「お願いだよ」

ダイヤ「だからダメですってば...」

果南「先っちょだけでもいいから?ねっ?」

ダイヤ「はい?意味がわかりません。ぶっぶーですわ」



2: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/23(土) 16:58:13.66 ID:8QqLnEu3.net

果南「え~?何でダメなのさ?」

ダイヤ「何でって、それは...」

ダイヤ「..................」

ダイヤ「果南さんには既に鞠莉さんという素敵な方がいるじゃありませんか...」

果南「..................」

果南「でも...」

ダイヤ「んっ?」

果南「“二番目”でもいいって言ったのはダイヤの方じゃん?」

ダイヤ「えっ?」


4: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/23(土) 17:01:17.87 ID:8QqLnEu3.net

果南「それでもいいから私に愛して欲しいって。アレは嘘だったの?」

ダイヤ「た、確かに言ったかも知れませんが...それはもう昔というか...」

ダイヤ「鞠莉さんがこちらに戻ってくる前の話で...」

果南「いいから黙って目を閉じなよ」グイッ

ダイヤ「ちょ...///」

果南「あの頃のように...」

ダイヤ「お、おやめなさい果南さんっ///」

果南「ホラ...二人っきりの時は果南って呼ぶ約束だったよね?」

ダイヤ「...///」


8: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/23(土) 17:04:19.21 ID:8QqLnEu3.net

果南「ねぇ、ダイヤ...」

ダイヤ「..................」

ダイヤ「い、いけませんわ...」

果南「えっ?」

ダイヤ「やっぱり、普通に考えておかしいですわよ。こんなの...」

ダイヤ「それに、この事を知ったら鞠莉さんだってきっと...」


果南「..................」

ダイヤ「..................」


続きを読む