楓「拝啓、忌まわしき過去に告ぐ絶縁の詩」【偶像喰種・外伝中編】


1: ◆AyvLkOoV8s 2017/01/10(火) 22:11:23.70 ID:299m36On0




見なよ、あの数。


"白鳩"も大人げないよね、たかが芸能事務所にさ

ちょっと"喰種"がアイドルやってるだけだって言うのに。


こうやってさ。

突然終わっていくんだね


当たり前みたいだった日常が、突然崩れる。


終わるときは......いつも突然なんだ


2: ◆AyvLkOoV8s 2017/01/10(火) 22:12:13.67 ID:299m36On0


アイドルマスターと東京喰種のクロスオーバーssシリーズ

『偶像喰種』の346サイド最終章です。


このスレが初めての方にも問題がないように書くつもりなので、

最終章だけでも楽しんでいただけたらと思います。

舞台はアニメ版シンデレラガールズと同じものとして書きました。


書くことが割とたくさんあるため、かなりの亀更新になると思います。

また、シンデレラガールズ主要人物の死亡シーン・苦痛描写・捕食描写等も結構入れる予定なので、

どうかご注意ください。なるべくレーティングには引っかからないよう配慮します。


上の添付画像は346プロダクションに在籍しているアイドル183名の人間・喰種振り分け設定です。

尚、トレーナー姉妹は全員が喰種の設定となっています。


4: ◆AyvLkOoV8s 2017/01/12(木) 22:12:40.40 ID:DnYpiQvm0


―――過去・島村卯月―――


始まりは、テレビを見ていたときでした。

すごくちっちゃい頃に見ていたテレビ。

そこには、とってもきらきらした女の子が映っていたんです。

キラキラしたステージに立って、素敵な衣装を着て、それがまるでお姫様みたいで。

テレビや街のスクリーンに映ったたくさんの女の子達を見ているうちに、

それが『アイドル』って呼ばれる人たちなんだと知りました。


そして......


私もあんな風になりたいって、思うようになっていったんです。

私もアイドルになって、あんな風にステージに立ってみたいって。


心の底から願うようになったんです。


でも、それをパパやママに話した時......すごく、悲しそうな顔をされたんです。

『ごめんね卯月』って。

『あなたはアイドルになれないの』って。

『あんな風に、人前で踊ることなんてできないの』って......


ちっちゃな私は、どうしてどうしてって泣きながら尋ねました。

パパとママは、私を抱きしめて答えを言ってくれました。


とっても簡単な答え。


私が、アイドルになれないのは。

それは、私が。

島村卯月が―――――


グール
―――"喰種"だからでした。


続きを読む