春日未来「一日限定友達生活」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 02:57:41.28 ID:Qz0ENqNrO

恋人ってなんだろう。
そんな呟きは、テーブルの向こう側ででスマホをいじっていた翼の顔を上げさせた。

「どうしたの、未来」
「恋人ってなんなんだろう、って」
「私たちのことでしょ?」

と、翼。
そうその通りだ。私と翼は色々なことがあって、お互いに大好きだから付き合っている。
今日だって特に目的はないけど、ファミレスのドリンクバーで時間を潰しつつダラダラと二人きりで過ごしているところだ。
楽しいし、リラックス出来る。無理に会話を続ける必要もないくらいに気が置けない仲だもん。
でも、思うの。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 02:58:22.85 ID:Qz0ENqNrO

「こうやってダラダラ一緒に過ごせば恋人ってことなのかな」
「うーん、どうだろう」

そう、恋人らしいことをしていない、と思う。けれども恋人らしいことってなんだろう、とも思う。
翼を見るとスマホを仕舞って目を瞑りながら考え事をしているみたい。
そして、目を開いて翼は言った。

「じゃあ、一旦別れてみようか」
「えっ、なんで............?」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 03:00:42.60 ID:Qz0ENqNrO

さらりと、まるで最近食べたスイーツの話をするかのように自然に言われた言葉。でも、内容はまるで甘くなくて。

「翼。私はそんなこと言いたかったんじゃなくて」
「分かってるよ、未来。だから一旦......明日の一日だけ別れてみよ?」

............明日だけ、なんだ。
そっか、良かった。


続きを読む