果南「松浦果南と高海千歌を同じにするなって感じですよ、こっちとしては」


1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:11:43.41 ID:/UtXYiI9.net

千歌「えー!? いいじゃーん」

千歌「ほらほら、たまには果南ちゃんがチカに甘えてよー」

果南「無理無理。千歌のようになんて恥ずかしくてできないよ」

千歌「じゃあ私っていつも恥ずかしいってこと!?」

果南「そうじゃなくて。ほら、千歌はそういう性格で」

果南「おまけにお姉さんがふたりいて自然とそういうふうにできるけど、私は――」



2: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:12:49.46 ID:/UtXYiI9.net

千歌「だったら練習すればいいよ」

果南「へ?」

千歌「うちにしばらく泊まり込んでさ。志満姉や美渡姉、そして私に甘えようよ」

果南「ていうか、何で甘えさせようとするの?」

千歌「だって、私Aqoursのリーダーだもん」

果南「?」


3: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:13:43.75 ID:/UtXYiI9.net

千歌「リーダーはメンバーを包み込む、ほーよーりょくが必要だって聞いたんだー」

果南「つまり、千歌は自分のために私を利用したいわけだ」

千歌「り、利用なんて人聞き悪いよ」

果南「それは冗談として。そういうことならもっと適任がいるんじゃない?」

果南「それこそマルとかルビィとか」


4: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:14:29.50 ID:/UtXYiI9.net

千歌「ちっちっち、分かってないなあ」

千歌「メンバー随一のほーよーりょくを持つと定評のある果南ちゃんが相手だからこそだよ」

千歌「私が果南ちゃんを甘やかせば、チカがAqoursナンバーワンのほーよーりょくってこと」

果南「そういうもんかな?」

千歌「そういうもんだよ」


5: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:15:10.27 ID:/UtXYiI9.net

果南「うーん、でもやっぱり――」

千歌「いいから甘えてよー!」

千歌「甘えて甘えて甘えてーーー!」ジタバタ

果南「ああもう、分かった、分かったから大声出さないで」

千歌「わーい!」

果南「ハァ、それじゃおじいに言ってくるね。しばらく千歌の家に泊まるって」

千歌「強化合宿なのだー」


続きを読む