【ミリマス】走れ静香


1: ◆KakafR9KkQ 2017/09/14(木) 22:09:51.80 ID:Wu6bXup30

メロスは激怒した。

必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。

妹の結婚式の準備のために来たこの町ではなんと王によって人身売買が行われているという。

何でも王曰く『Nのカードはまとめて売却』らしい。

ミリシタからミリマスを知ったメロスにはグリマスがわからぬ。 けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。


2: ◆KakafR9KkQ 2017/09/14(木) 22:10:52.63 ID:Wu6bXup30

メロスは邪智暴虐の王を取り除こうと暗殺を決意したが、衛兵に見つかり捕らえられてしまった(ここのストーリーは走れメロス原作ママである。 いくらなんでもメロス邪悪に対して敏感過ぎであろう)

志保「あんたが侵入してきたメロスとか言う奴ね」

静香「王よ! 何故こんな酷いことを!」

志保「煩いわね、あんたRね はいメダル交換」

なんと、メロスはRだったらしい。

静香「待って! 明日妹の結婚式があるの! 私を処刑するならせめてそれまで猶予を!」

仮にも一国の王を個人の感情で暗殺しようとした奴がなんとも図々しい提案である。



3: ◆KakafR9KkQ 2017/09/14(木) 22:11:24.15 ID:Wu6bXup30

志保「ふん、そんなこと言ってどうせ逃げるんでしょ?」

静香「そんなことしないわ! そうだ、私の代わりにこの町に居る私の親友を人質にするわ」

志保「へぇ、親友を見捨てるんだ」

静香「私は親友を裏切らない、3日! 3日経つ前にここに戻ってくるわ!」

志保「面白いじゃない、その話乗ってあげるわ、親友の名前教えなさい」

静香「町で石工をしている、星梨ヌンティウスよ」

は?

志保「星梨ヌンティウスね...... 捕らえてきなさい」

どうしたことか、素晴らしき純文学であるはずの走れメロスがたった8文字で馬鹿馬鹿しい駄洒落に成り下がってしまった。



続きを読む