【ミリマス】プレゼントはうどんで


1: ◆qnzB3T3fLO3s 2017/09/14(木) 23:17:24.12 ID:/ROXo52E0

アイドルマスターミリオンライブのSSです。
P視点、地の文が多いSSとなっております。

上記御了承の方は、是非。



2: ◆qnzB3T3fLO3s 2017/09/14(木) 23:18:06.55 ID:/ROXo52E0

「おはよう」
「おはようございます」
劇場の控室に行くと、沢山のモノに埋もれた最上静香がいた。
「挨拶も早々に悪いが、今日は私と一緒に営業へ出てもらう」
静香は一瞬はっとした表情になって、すぐにいつものすました顔に戻った。
「いえ、一昨日から聞いてましたから。すぐに準備しますね」
静香は机の上にあるモノを見つめた。熊のぬいぐるみ、柑橘系のアロマの入った瓶、文庫本、水玉模様の可愛らしい袋に入ったクッキー、『SHIZUKA MOGAMI』と青色の文字が入ったサイリウム、エトセトラ、エトセトラ。
「事務室へ持って行くといい。控室に置きっぱなしだと、なんだか放置したみたいで気が引けるだろ」
「すみません。そうさせてもらいます」


3: ◆qnzB3T3fLO3s 2017/09/14(木) 23:19:20.19 ID:/ROXo52E0

白い四ドア車の助手席に座る静香を横目で見る。
先ほどの可愛らしい袋に入ったクッキーを大事そうに口に運んでいる。
赤信号になったのを見計らって口を開こうとするが、すぐにまた青になってしまう。
タイミングというものに恵まれていない。
その代わりにラジオへ手を伸ばす。

『おはようございます! 九月十四日の朝、パーソナリティの天海春香です! 十四日! もう九月も半ばですね。それでもまだちょっと暑くて......あっ、でもコンビニのおでんを見ると秋だなーって思います。それでは、ラジオナムコモーニング、スタートです!』

「コンビニのおでんを見て秋。もっと夕日がきれいとか、羊雲が見えるとか。まぁ春香らしいといえばらしいな」
「そうですね」
「それにしても不思議じゃないか? 今朝直接クッキーをくれた相手が、こうしてなんともなしにつけた電波の先にいて、その声を聞きながら食べてるなんてさ」
「どうしてこれが春香さんからだって知ってるんですか?」
「当たり。まぁ、個性ってどこにでも出るもんだ」
続きを読む