梨子 「ひぐらしのなく頃に」


1: ◆bx6hWDVQmQ 2017/09/09(土) 00:48:31.95 ID:eG71/j320

・ひぐらしのなく頃にパロ
(原作未視聴でも大丈夫です)

・キャラの死亡描写あり。



2: ◆bx6hWDVQmQ 2017/09/09(土) 00:49:27.49 ID:Gw/LBJoB0

荷物を大量に積んだトラックは、私たちが新居に着いたすぐ後に到着した。

東京からそう遠くはないが、出発したのが昼過ぎだったということもあり、辺りは夕日の赤に染められている。


梨子 「きれいな街。ここならいい曲が弾けそう」


都会の喧騒に疲れ、ピアノを弾くにもメロディが上手く浮かばなくなった私は、静かな環境にしばらく身を置くことにした。

夏休み中に引越しを終え、明けてからは浦の星女学院に転入し、新たな生活が始まる。


3: ◆bx6hWDVQmQ 2017/09/09(土) 00:49:54.37 ID:Gw/LBJoB0

梨子 「お隣、旅館なんだ。後で挨拶しに行かないと」


海風を背中に感じながら、新居の中へと足を踏み入れる。私はこの地で、上手くやっていけるだろうか。

新居の中でも、ひぐらしのなく声は煩く響き続けていた

ーーーーーー
ーーーー
ーー


4: ◆bx6hWDVQmQ 2017/09/09(土) 00:50:26.05 ID:Gw/LBJoB0

~夏休み明け 浦の星女学院~


千歌 「いやぁびっくりしたよ! 話題の転校生が、まさか隣に越してきた人だったなんて」

梨子 「挨拶に行った時、高校の名前言うの忘れてたもんね...ごめんね」

千歌 「いやいや、私てっきり大学生かと思ってたんだもん。高校どこ? とか聞かないよ」

梨子 「そんな、私なんて...」


曜 「でも本当綺麗だよねぇ梨子ちゃん。その綺麗な長い髪、憧れるなぁ」

千歌 「曜ちゃんも伸ばせばいいのに」

曜 「私はほら...くせっ毛だし。それに水泳やるのにも邪魔だしね」

梨子 「水泳?」


続きを読む