【モバマス】ゆかり「寝惚けの功名」

1:名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)18:35:41 ID:jtN

「おはようございます」

丁寧なノックに澄んだ声。
フルートのような優しい音色が、リズミカルな打鍵音で満たされていた事務所を彩る。

目の前の企画書から目を外し、ドアの方に目をやると、水本ゆかりが立っていた。



2:名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)18:35:53 ID:jtN

「おう、おはよう。......って、ゆかり今日はオフじゃなかったか?」
「はい。そうだったのですが......その、特に用事もありませんでしたので、つい」

荷物をソファに置き、自らも腰を下ろしながら、照れくさそうに微笑む。
仕草の一つ一つに育ちの良さが出る奥ゆかしさは、15歳とは到底思えない。



3:名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)18:36:04 ID:jtN

「んー......つっても他の奴はレッスンだのなんだので今居ないから、ここに居ても暇だと思うぞ?」
「いえ、ここにいれば退屈ということはないですね。......あ、もしかしてご迷惑でしたか?」

心配そうにこちらを見る。
そんなことはない。むしろ退屈させてしまうのが申し訳ないところだ。
いや、ここにいれば退屈ではないと言うのなら、そうだとは思いたいが。
他に誰かが居たのならそれに越したことはないのだが、帰ってくるのはまだ先の話だ。



4:名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)18:36:13 ID:jtN

「ゆかりが退屈じゃないってのなら問題ないさ。それに今ちひろさんも居ないし、華が欲しかったところだ」
「そうですか。......ふふっ」

嬉しそうな笑顔。
こういうところは年相応というか、可愛らしい女の子と言うか。
こういうギャップが彼女のいいところだろう。



5:名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)18:36:20 ID:jtN

「それじゃあ、俺は仕事に戻るから。何かあったら言ってくれ」
「はい。お疲れ様です、プロデューサー」

このままゆかりと話し続けるというのは魅力的だが、やらなくてはいけないことがある以上やらねばなるまい。
視線を作成途中の企画書に戻す。
彩りの増えた打鍵音だけの空間は、なんとなくいつもより作業が捗った。



続きを読む