花丸「生えちゃったずら」 善子「生えちゃったぁぁ!?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:50:19.72 ID:vzLtilzD.net

花丸「善子ちゃん、どーしてくれるの」

善子「あ、アンタが悪いんじゃないの!! 私のせいじゃないわよ!」

花丸「善子ちゃんに借りた黒魔術の本で、1つのページだけに付箋が付いてたらやっちゃうに決まってるずら!!」

善子「内容も確認しないで儀式を行ったって言うの!? バカじゃないの!?」

花丸「マルは善子ちゃんのことを信じてたのに......」ウルウル

善子「いや、だから内容を確認しなさいよ! 好きな黒魔術を自分で探せばよかったじゃないの!!」

花丸「もうそんなこと、どうでもいいずら......。それより......」

花丸「なんで善子ちゃんはあんなページに付箋を貼ってたのかな?」

善子「ぎくっ......」



5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 16:01:06.33 ID:vzLtilzD.net

善子(まずいまずい、いつか自分に生やして花丸にー、とか思ってたとか......口が裂けても言えない......!!)

善子「ええっと、そう! ページを間違えたのよ! ほんとは別のページに貼るはずだった付箋を間違えて......!」

花丸「ふーん。じゃあほんとは何の黒魔術に付箋を貼りたかったのか2秒で答えて」

善子「えーとえーと......って!! 2秒って! 短いわよ!」

花丸「はいはい、嘘だね。だめだよ、嘘なんてついちゃ」

善子「う、嘘なんかじゃ......!」プルプル

花丸「責任とって」

善子「責任って......! まさか......///」

花丸「解呪するの、手伝って」

善子「くっ......ちょっとその本見せなさい!」バッ


続きを読む