142'sとちょっと怖い話【モバマスss】

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/27(火) 00:31:36.56 :ytfuJdKsO

輝子「...」

小梅「...」キラキラ

幸子「えー...」

小梅「うん...」キラキラ

幸子「始まってしまいました...アイドル怪談...」

小梅「うん...!」キラキラ

輝子「フフ...小梅ちゃんの目の輝きがハンパないな...」

小梅「うん...!今すっごいわくわくしてる...!」

幸子「ボクはもう帰りたいですけどね!いや帰りませんけども!?仕事ですから!!怖くても!!!仕事ですから!!!!」

小梅「そ、そう...。解説や進行役...だもんね...!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/27(火) 00:32:03.27 :ytfuJdKsO

輝子「えー...この番組は私達CGプロダクションのア、アイドルたちが...」

小梅「自身に起こった怖い話を...話してゆく番組です...」

幸子「基本的に毎回ゲストでアイドルをお呼びして、そのアイドルの方達にお話をしてもらいます」

輝子「ほ、本日も素敵なゲストのアイドルをお呼びしています...」

小梅「人気爆発中...純情Midnight伝説も好評発売中の...」

幸子「炎陣の皆さんです!どうぞ~!」

ワーパチパチパチ


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/27(火) 00:32:35.56 :ytfuJdKsO

拓海「」ガチガチ

里奈「どもども~☆」

涼「はいはい!どーもー!」

亜季「本日はよろしくお願いします!」

夏樹「よろしくなー!」

キャー!ワー!ナツキチー!タクミーン!キャー!リョウサーン!アキー!ワー!リナチャーン!

輝子「おお...さ、流石...凄い盛況だな...」

幸子「CDランキングにも数週間上位キープでバラエティ番組にもひっぱりだこですからね...。ボクも見習わなくてはいけませんね。まあカワイさではボクが一番ですけど!」

里奈「お!さっきはガッチガチだったけどいつもの調子が戻ってきた感じ~?」

幸子「ええまあ!もう開き直りましたよ!スカイダイビングやアマゾンで謎の部族に追い掛け回されるのと比べたら命の危険がない分マシですからね!」

夏樹「それはそれでどうなんだ...」

亜季「幸子殿はサバイバルもいけるのですね!それなら今度の休日にキャンプに行く予定ですが、良ければ一緒にどうですか?」

幸子「普通のキャンプならぜひお供しますよ?虫とか食べずに普通にBBQするようなのなら...」

亜季「幸子殿はいったい何を体験してきたんでありますか!?」


続きを読む