曜「催眠音声?」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 01:31:51.37 ID:ARX2oaEB.net

曜「ふぅ......」

ダイヤ「お疲れのようですわね」

曜「いやぁ~、ちょっとこの頃飛び込みの練習も多くって」

ダイヤ「まあ、それは大変ですわね」

曜「でも、こっちの練習もおろそかにはしないよ。わたしは千歌ちゃんといっしょにやるって決めたんだから!」

ダイヤ「立派ですわ。わたくしも何かお力添えできればよいのですが」

曜「その気持ちだけで十分だよ。ありがとう、ダイヤさん」



2: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 01:32:31.50 ID:ARX2oaEB.net

ダイヤ「ふむ......。確かに飛び込みのことは分かりませんし......。あっ! でも疲れをとるならとっておきの方法を一つ知っていますわ!」

曜「ほんと!? 教えて、教えて!」

ダイヤ「はい! お教えしましょう! その方法とは......」

............

曜「それでダイヤさんに貸してもらったけれど、本当にこんな音声を聞くだけで疲れがとれるのかなあ」

曜「まっ、せっかくだし試してみよ。それじゃあ再生っと」


5: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 01:34:02.97 ID:ARX2oaEB.net

『こんばんは♪ わたし、ミナリンスキーっていいます♪ 今日はあなたとご一緒させていただきますね♪ よろしくおねがいします♪』

曜(かわいい声だなあ。でも、どこかで聞いたことあるような......)

『それでは、まずは深呼吸してリラックスしましょうね♪ ゆっくりと鼻から息を吸って......』

曜「すぅー......」

『ゆっくりと口から息を吐いて......』

曜「ふぅー......」

『お腹が膨らむのを意識して、もう一度繰り返しましょう♪ 吸ってー......、吐いてー......』

曜「すぅー......、ふぅー......」

曜(こんな感じでいいのかな......)

『その調子ですよ♪ それでは......』

............


続きを読む