SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

市原仁奈「はじめてのおしょくじ」

1 ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:40:31.51 :1vmwn4+80


ウチは親父が定食屋を営んでいて、息子の俺も時々手伝いをさせられる。

その時々というのは親父に見つかって逃げ切れなかった時という意味なので、つまり俺は親父の手伝う気はまったくない。

だからあの日、バイクで仲間とひとっ走りして帰った日の夜も、裏口から親父に見つからないようにこっそり部屋に戻る予定だった。

だったのだが。

店兼家の前まで帰ってきた時に、俺は見てしまった。

「……うさぎ?」

店の引き戸の前で、人間の子供ぐらいでかいうさぎが店の方を向いて二本足で佇んでいるところを。

2 ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:42:19.97 :1vmwn4+80


やれやれ、俺は疲れているみたいだ。

今日はもう早く寝た方がいいな。

悪い、親父。今日も店は手伝えそうにないわ。

さてと、部屋に戻るとしよう。

そのためには親父に気付かれないよう、音を立てずに裏口へと向かう必要があるな。

そしてそのためには。

あのでかうさぎに近付かなきゃいけないわけだ。

どうしたってあのうさぎの視界に入るルートしかない。

……腹を括るか。

3 ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:48:14.28 :1vmwn4+80


俺は物音を立てないようにでかうさぎの背後に回った。

そして肩(うさぎに肩ってあるのか?)を掴む。

「おい」

「ひゃっ!?」

うさぎは叫び声(喋った!?)とともにびくんと跳ねて、こちらに振り向いた。

そして見えたのは、人間の女の子の顔。

そこで俺はようやくでかうさぎの正体がうさぎの着ぐるみを着た女の子だと理解したのだった。

夜中であたりが暗かったことと驚きで誤認していたが、よく見たら確かにモコモコした着ぐるみなのは間違えようがない。

4 ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:50:32.41 :1vmwn4+80


なんだ、うさぎじゃなかったのか。

いやいや、わかってたさ。

人間の子供ぐらい大きい二足歩行するうさぎなんているわけないだろう。

常識的に考えて。

俺は初めから気付いてたぜ。

こいつはでかうさぎなんかじゃないことぐらい。

高校生が夜遊びして帰って来るぐらいの夜中に、うさぎの着ぐるみを着て一人定食屋の前に佇む小学生ぐらいの女の子だってこともな。

いやいや、それ常識的にどうよ。

5 ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:53:02.13 :
続きを読む

関連のSS

27pt
モバP「かちかち山」
32pt
渋谷凛「これAmazonで買ったんだ」鷺沢文香「アマゾンで……!?」
5pt
柑奈「かんなつき!」夏樹「ロックだな……!」
32pt
新田美波「だから私は、志希ちゃんが嫌い」
18pt
吉岡沙紀「アイドルすけこまし大作戦っすか?」
27pt
【モバマスSS】続・あやかし事務所のアイドルさん
9pt
高森藍子「カフェで加蓮ちゃんを待つお話」
9pt
【モバマス】白菊ほたる「由愛ちゃんと色の話」
48pt
智絵里「さ、紗枝ちゃんがPさんの匂いを嗅ぐのを止められない……!」
37pt
輿水幸子「なんですかこれは!」
16pt
鷺沢文香「逆光の園」【モバマス】
14pt
鷺沢文香「逆光の園」
23pt
紗枝「シリウスに手を伸ばす」
21pt
北条加蓮「カフェに1人で来た日の話」
53pt
晶葉「できたぞ助手! アイドルの言葉が伏字になるスイッチだ!
53pt
【デレマスSS】森久保乃々「旅くぼ」モバP「リトルバスツアーズ!」
41pt
中野有香「ツッコんでほしい?」 水本ゆかり「ええ」
66pt
五十嵐響子「信じて送り出した沙紀さんがドスケベお色気の術にドハマりして…」
44pt
高森藍子「私の属性?」橘ありす「パッションですよね?」
16pt
日野茜「モバPさんのコントロールフィールドを破壊してやりました!!」