市原仁奈「はじめてのおしょくじ」


1: ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:40:31.51 :1vmwn4+80

ウチは親父が定食屋を営んでいて、息子の俺も時々手伝いをさせられる。

その時々というのは親父に見つかって逃げ切れなかった時という意味なので、つまり俺は親父の手伝う気はまったくない。

だからあの日、バイクで仲間とひとっ走りして帰った日の夜も、裏口から親父に見つからないようにこっそり部屋に戻る予定だった。

だったのだが。

店兼家の前まで帰ってきた時に、俺は見てしまった。

「......うさぎ?」

店の引き戸の前で、人間の子供ぐらいでかいうさぎが店の方を向いて二本足で佇んでいるところを。


2: ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:42:19.97 :1vmwn4+80

やれやれ、俺は疲れているみたいだ。

今日はもう早く寝た方がいいな。

悪い、親父。今日も店は手伝えそうにないわ。

さてと、部屋に戻るとしよう。

そのためには親父に気付かれないよう、音を立てずに裏口へと向かう必要があるな。

そしてそのためには。

あのでかうさぎに近付かなきゃいけないわけだ。

どうしたってあのうさぎの視界に入るルートしかない。

......腹を括るか。


3: ◆8ozqV8dCI2:2017/01/10(火) 22:48:14.28 :1vmwn4+80

俺は物音を立てないようにでかうさぎの背後に回った。

そして肩(うさぎに肩ってあるのか?)を掴む。

「おい」

「ひゃっ!?」

うさぎは叫び声(喋った!?)とともにびくんと跳ねて、こちらに振り向いた。

そして見えたのは、人間の女の子の顔。

そこで俺はようやくでかうさぎの正体がうさぎの着ぐるみを着た女の子だと理解したのだった。

夜中であたりが暗かったことと驚きで誤認していたが、よく見たら確かにモコモコした着ぐるみなのは間違えようがない。


続きを読む