モバP「アイドル白坂小梅」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 23:17:54.79 :A6ibG+pUo

ある日突然、それは起こった。

白坂小梅が歌えなくなった。
白坂小梅が踊れなくなった。

歌えはする。歌詞は覚えている。
しかし、それは今までの小梅の歌ではなかった。
声は小梅に間違いない。
それがまるで、小梅そっくりな声の素人が歌っているように聞こえるのだ。
これまでのレッスンが全く生かされていない。素人レベルの歌唱力。

踊れはする。振り付けはぎこちないながらも覚えているようだ。
ただ、ぎこちない。見様見真似で踊っているように見える。
振り付けだけを頭で覚えて、ぶっつけ本番で踊っているようなダンス。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 23:18:21.83 :A6ibG+pUo

何があったのかと聞いても首を振るだけ。
やる気が無いというわけもなく、急遽呼び出されたトレーナーのレッスンを熱心に受けている。
そのレッスンを見ていたプロデューサーは確信する。

彼女は白坂小梅ではない、と。

尋ねれば全ての質問に答えた。
小梅しか知り得ないことも知っていた。
小梅が他のアイドル達と交わした言葉の内容も知っていた。
ただ話すだけならば、白坂小梅以外の何者でもない。

ただ、一つのことを除けば。


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 23:18:57.87 :A6ibG+pUo

話し方が少し変わっていた。ほんの少しだけ。
気付いたのはプロデューサーだけでなく、幸子、乃々、輝子の三人。そして涼も。

ほんの少し、しかし拭えない違和感。

それでも仕事は続けなければならない。

歌えない、踊れない。
いつかは歌えるようになる、踊れるようになる。
そう信じるしかない。

マスコミには白坂小梅の急病と発表された。

そしてプロデューサーは動く。

小梅に何が起こったのか。
何が、起こらなかったのか。


続きを読む