幼馴染の父「うわー、変質者だー」(棒読み) 男の父「うっせ!」

転載元:

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 23:40:02 ID:VAogMDCM

幼父「こんな夜更けに侵入者がー。誰か、警察に電話をー」(棒読み)

男父「おい、マジでうるせぇよ」

幼父「だってお前、その珍奇な恰好」

男父「どこからどう見てもサンタだろ?」

幼父「その赤い服がそうだと言うなら、お前の中のサンタが間違ってるな」

男父「はぁん? これハンズで買ったヤツだぜ?」

幼父「ハンズは悪くない。悪いのはお前だ」

男父「何がだ」

幼父「それは女性用だ、変態め」































2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 23:42:19 ID:VAogMDCM

男父「確かにスカートだが、ちゃんとズボンもはいてるだろうが」

幼父「何故茶色だ。下だけトナカイかよ」

男父「......」

幼父「あと、ヒゲ」

男父「サンタと言えばヒゲだろ」

幼父「何故黒ヒゲだ。サンタと言えば白ヒゲだろ」

男父「黒しか無かったんですぅー。仕方無かったんですぅー」

幼父「その言い方マジムカつくわー」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 23:44:41 ID:VAogMDCM

男父「大体お前、人の事言えるのかよ」

幼父「は?」

男父「こんな時間に、その恰好でどこに行くつもりだ? ウチだよな?」

幼父「お前に言う必要あんのかよ」

男父「あるだろ普通」

幼父「いや無いだろ」

男父「あるだろ! お前自分の恰好鏡で見たか?」

幼父「そっくりそのまま返すぜ」

男父「当たり前だろ、こんなナイスガイなサンタ、世界中に三人しかいないぜ」

幼父「お前が一人として、あと二人誰よ。いねーだろ」


続きを読む