1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 23:53:00.88 ID:FIwgbOUp0

レッド「いけ、ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカッ!」

レッド「かみなり!」

やせいのポケモン「ギエピー!?」

レッド「うーん、このあたりで神隠しみたいに人が行方不明になってるって聞いたけど……異変はないみたいだなぁ」

レッド「とりあえず、戻れピカチュウ」ぽんっ

レッド「それにしてもシロガネやまってさむいなぁ……早く帰ろう……」ずぼっ

レッド「ん? ずぼっ?」

レッド「って、こ、ここ、足元に穴が開いてる!!?」

レッド「お、落ちるうううう!!?」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 23:56:24.50 ID:FIwgbOUp0

レッド「う、うーん」

???「君、大丈夫?」

レッド「!? あ、あれ、俺、シロガネやまにいたんじゃ?」

???「シロガネ山? ここはホワイトタウンよ?」

レッド「ホワイトタウン? 聞いたことないな……」

???「そう? 私はブルー。この町に住んでるの。あなたは?」

レッド「俺は、マサラタウンのレッド。いちお聞いたことくらいはあると思うけど……」

ブルー「ごめんなさい……聞いたことないわ」

レッド「……ですよねー」

レッド(って、そんなのんきに会話してる場合じゃない! ホワイトタウンなんて聞いたこともないぞ!)

レッド(ま、まさか、俺、死んじゃったんじゃ!?)

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/10(木) 00:00:31.52 ID:DW7Sghij0

レッド「そ、そうだ、俺のポケモン!」すかっ

レッド(モンスターボールがない!?)

ブルー「あ、あの、よくわからないけど、博士のところに行く? 博士なら何か知ってるかもしれないし……」

レッド「……博士?」


???「おぉ、ブルーか。よくきたな」

ブルー「博士、この人が街で倒れてて……」

博士「……またか」

レッド「また? もしかして同じようなことが前にも?」

博士「うむ、前にも同じように倒れていて、別の地方から来たというようなことを言っていたが……確か、名前は……」

ブルー「ゴールド、じゃなかったかしら?」

レッド「! 確か、シロガネやまで行方不明になってた男の子の名前だ!」