同じSSをまとめているブログ

SSなび

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:15:26.13 ID:kB4Wlwi30
それは朝、いきなり起きた。

七咲「うっ…う~ん。さて、朝ごはん作らないと。」

ベットから降りた七咲逢は、身体に違和感を覚えた。

身体が重いのだ。

七咲「…疲れ過ぎかな?」

だが、その原因はすぐに分かった。

七咲「…む、胸が!大きくなってる!」

SSWiki :

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:18:05.42 ID:kB4Wlwi30
七咲「これは…C?いや、Eくらいある!?」

彼女は驚愕したと同時に、とても感激していた。

七咲「なぜかは分からないけど、これで先輩にもっと好かれる!」

だが、すぐ気付いてしまった。現実に。

七咲「はっ!ブラが無い!?」

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:22:00.91 ID:kB4Wlwi30
彼女に残されていた時間は無かった。

朝ごはんを作り、弁当を作り、学校に行かなければならないのだ。

七咲「う…どうしよう…。」

カタッ

弟の七咲郁夫が目を覚ました。

彼は胸の大きくなった彼女を見て、まだ目が覚めて居ないと思い、顔をつねった。

しかし、状況は変わらない。

郁夫「…うわぁっ!」ダッ

七咲「郁夫!?…さすがに急に大きくなったらびっくりするよね。」

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:24:16.81 ID:kB4Wlwi30
仕方なく彼女は朝ごはんと弁当を準備し、服を着替えた。

もちろんノーブラである。

七咲「冬服だし、カーディガン着てるから問題ないよね?」

そして学校を出た彼女に、悲劇(?)が起こるのは時間の問題だった。

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:26:59.04 ID:kB4Wlwi30
通学路

七咲「あ、先輩だ。先輩!」

純一「あ、七咲。おは…YOU!?」

七咲「YOU?」

彼氏である橘純一は驚愕した。

彼女の胸がいきなり大きくなっているのだ。

しかも自分の好みに。

純一「…パッド?」

七咲「失礼な!」