同じSSをまとめているブログ

ぷん太のにゅーす

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 07:29:09.82 ID:5ybb2bIYO
御坂妹「…………」

上条「ん? あれは……お~い」

御坂妹「……? 何でしょう、とミサカは呼びかけに応じます」

上条「そりゃこっちの台詞。こんなとこで何してんだ?」

御坂妹「実はいぬが逃げ出してしまったのです、とミサカは落胆を隠さずに溜息を零します」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 07:45:58.69 ID:5ybb2bIYO
上条「いぬ……ってお前が飼ってるあの猫?」

御坂妹「はい。昨日から帰ってこないのです。きっと今頃寒さにうち震えているに違いありません、とミサカは居ても立ってもいられない気持ちを吐露します」
上条「居そうなところに心当たりは?」

御坂妹「一通りは探しました、とミサカは経過を報告します」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 07:58:50.97 ID:5ybb2bIYO
上条「ふむ、じゃあもう一回探してみよう。一人だと見落としとかあるかもしれないし」

御坂妹「手伝ってくれるのですか? とミサカは淡い期待を込めながら瞳を見詰めます」

上条「放っておくわけにもいかんでしょう。早く行こうぜ。なんか雪降ってきそうな天気だし」

御坂妹「はい」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 08:11:19.79 ID:5ybb2bIYO
上条「げっ」

美琴「出会うなりご挨拶ねぇ。そんなに私の電撃を喰らいたいの?」

上条「いやいやいや滅相もございません生憎の空模様美琴センセーに於かれましてはご機嫌如何でせう? てことで、じゃあな、ビリビリ」

美琴「いきなり逃げんなー! ってなんで妹まで一緒にいるのよ?」

御坂妹「愛の逃避行中です、とミサカは愛しき人の手を取ります」

美琴「ほほう……」

上条「洒落にならない冗談はやめて! そしてお前も電気で髪逆立てないで!」
タグ: