1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 17:18:46 ID:eiTlQm2A
おでん屋の屋台
七咲(25)「うちの上司、私が帰ろうとすると仕事を投げてくるんです。先輩との待ち合わせがあるのに……」

橘「ははは……」

七咲「しかもですね、何かあるごとに嫌味を!この前も『どうせ結婚する相手もいないんだろ』だとか」

七咲「余計なお世話ですよ。私には先輩がいるんですから」

橘「そうだね……ははは」

七咲「まあ確かにそろそろそういう時期かも知れませんが……」ボソボソ

橘「逢らしいセリフだな」ハハハ

七咲「……」

橘「……笑いごとじゃないか」

七咲「別にいいですよ」

橘「…………なぁ、逢」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 17:22:04 ID:eiTlQm2A
七咲「はいはい、なんですか?」

橘「あの…逢さえよければ……さ、来年あたり……ぼくと」

橘「けっこ……」

七咲「えっ……」

橘「……」

七咲「ふふっ、先輩、今……何か言いました?」

橘「あはは、ううん、今日はなんでもないや、はは」

七咲「…………はぁ」

橘「……」

七咲「すみません、私、ちくわと卵とこんにゃくをお願いします」

オヤジ「あいよお」
4: ◆HVzqEIcQBs 2014/01/25(土) 17:25:15 ID:eiTlQm2A
***
七咲「先輩、そろそろ帰りましょうか」

橘「ああ……そうだね」

橘「すみません、代金ここおきますね」

オヤジ「はいまいどお」

***
ガチャ
橘「ふぅ~寒い寒い」

七咲「先輩、私、お風呂にお湯入れてきますので暖房付けてきてください」

橘「分かったよ」
タグ: