同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1: :2014/01/26(日) 17:37:23.07 ID:
梅原「しかも大将の股間にだって!?う、嘘だろ……」

梅原「そんなこと……あるわけねぇ!」


数時間前


橘「う~~ん、全部やりっぱなしか……」

橘「誰も器具の片付けをしないなんて、当番は何をしてるんだよ」

橘「……」

橘「仕方ない、僕がやるか……」
3: :2014/01/26(日) 17:38:44.26 ID:
カチャカチャ、カチャッ。

カチャ、カチャッ!


橘「……」

橘「よいっしょ……と」

橘「よしっ!ここはこれでOKだな」

絢辻「橘君」

橘「あぁ、絢辻さん」

絢辻「こんなところで何してるの?」

橘「えっ?今の授業で使った教材を片付けてたんだけど……」

絢辻「一人でやってる理由は?」

5: :2014/01/26(日) 17:45:02.59 ID:
橘「え、と……誰もやる人がいないからかな?ははははっ」

絢辻「……」

絢辻「ヘラヘラ笑ってるんじゃないわよ!」

橘「あ、絢辻さん……?」

絢辻「あなた、この片付けを好きでやっているの?」

橘「え?いや……」

絢辻「じゃあ、この片付けが自分のプラスになるよう仕向けてあるのね?」

橘「いや、そこまでは……」

絢辻「天然記念物級のお人よしね」

橘「……」

7: :2014/01/26(日) 17:49:29.43 ID:
絢辻「少しは自分のために動くべきだと思うの」

絢辻「無駄なことに労力を費やして、気が付いたら貴重な高校生活もおしまい。そんなの、あなただって嫌でしょう?」

橘「……」

橘「……っ」

絢辻「あなたは自分のために動こうと思ったことはないの?」

橘「……あるよ。でも、僕がそんなことをしたら大変なことになると思うんだ」

絢辻「大変なこと、ねぇ……。大げさなんじゃない?」

絢辻「橘君が退学になっちゃうようなことかしら?」