同じSSをまとめているブログ

SSなSPECIAL

ホライゾーン

えすえす

エレファント速報

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 01:05:49.85 ID:bJ8jU9aG0
橘「梨穂子はかわいいなあ!!!」

桜井「じゅ、純一ぃ……声が大きいよぉ」

橘「しまった、梨穂子があまりにかわいいものだからつい……」

桜井「もう……はやく部室行こうよ」

橘「そうだな。部室ならふたりきりだし」

桜井「へ、変なこと言わないでよぉ」


棚町「……ねぇ」

絢辻「なに?」

棚町「あたしたちってなんだったの?」

絢辻「やめて。今はそういうこと言わないで」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 01:14:32.08 ID:bJ8jU9aG0
棚町「アンタ、これからどうすんの?」

絢辻「どうするってどういう意味?」

棚町「いや、なんていうか……どうやって気持ちの整理つけるか、みたいな?」

絢辻「あなたこそ、どうするつもり?」

棚町「あたしは……よくわかんないわ」

絢辻「そうでしょうね。あたしもよ」

棚町「ま、そりゃそうよねぇ……はぁ、この1ヶ月ってホントなんだったんだろ」

絢辻「だからそういうこと言わないで」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 01:23:57.89 ID:bJ8jU9aG0
棚町「とりあえずなんか食べに行かない?」

絢辻「どうしてそうなるの?」

棚町「やけ食いってやつよ。それくらいする権利はあるでしょ、今のあたしたち」

絢辻「いやよ、みっともない」

棚町「別にいいわよ、あんたはしなくても。付き合ってくれるだけでいいから」

絢辻「あたしが付き合うメリットがないわね」

棚町「奢るわよ」

絢辻「それなら行こうかしら」

棚町「え、ホントに?」

絢辻「どうして驚くの?」

棚町「いや、まさかホントに来る気になるとは思わなかったから……アンタって意外とゲンキンね」

絢辻「うるさいわね。行くならはやく帰る支度をしましょう」