1: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/:2016/02/22(月) 23:30:34.71 ID:2k497iEA.net もう二学期も始まって一息が付き、秋分もとうに過ぎたある日のこと。 かなり遅れてきた残暑によって、肌を刺すような日光を十二分に受けた放課後練習も終わったころ、クールダウン中に真姫ちゃんがそう言って話しかけてきた。 「そうよ。あの日以来ちょっとは女の子らしい服装をするようになっているけれど、まだまだ女の子初心者でしょ?」 「女の子初心者って……。それだと凛が、今まで男の子だったみたいだにゃー……」 「ち、ちがっ! 凛はおしゃれをし慣れてないって言いたいのよ! とに...