1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/29(土) 01:32:19 :deHgkTdU 人里から遠く離れた場所にある、広大な原生林──ひとたび足を踏み入れれば二度と出ることはかなわぬと恐れられるこの森を、堂々たる足取りで歩む一人の少女があった。少女「…………」ザクッザクッ…少女「このあたりでいいかな」少女は不敵な笑みを浮かべると、耳につけていたイヤリングを地面に落とす。すると── 2:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/11/29(土) 01:34:22 :deHgkTdU ガサッ……体長3メートル、体重は700キロをゆうに超えるであろう、...