1 : 以下、名... - 2013/08/30(金) 08:48:21.56 WvDcSABC0 1/73 数年ぶりに足を踏み入れた野比家は、昔とは違う、どこか余所余所しい匂いがした。のびママ「いらっしゃい、しずかちゃん…」頭に白いものが目立つようになった彼の母が、力のない声で私を和室へと案内してくれた。こうして彼の母と向き合って座ると、私の胸は懐かしさでぎゅっと締め付けられるようだった。あの頃の、楽しかった思い出が頭を駆け巡る。テレビを見ながら眠ってしまった彼を尻目に、二人でガールズトークに花を咲かせたのもこの和室だ。そんな時、彼の母は決まって「息子には内緒ね」と舌を見せながら、隠してお...