1: ◆Xz5sQ/W/66:2016/07/10(日) 20:41:57.16 ID:m4cK6Isi0=== そう言って微笑んだ、この時の彼女の姿はとても魅力的なものだった。 ……あぁ、いや、待った。 もちろん、普段の彼女だってある意味で魅力に溢れた女性ではあるのだが、 この時はそれに輪をかけて……と、いう意味だ。 いつものように、仕事を終えた夜。 以前から約束していた飲み屋での一杯の最中に、ふと彼女が口にした台詞。 何を思って突然に、そんな話を振って来たのかとは思ったが、 「それはまた、どうして?」 一応、尋ねてはみる。「実はですね。最近になるまで私、自分のこの眼が嫌いだっ...