2: ◆TDuorh6/aM:2016/07/08(金) 01:05:16.80 ID:nr9ey/Um0ふぅ、と一息つき。私は顔を上げた。手にした本に当たる陽の光が橙色になっている事に気付き、ページを捲る動作を一旦停止する。時計に目をやれば短い針は真下を回っていた。かたかたかた、とキーボードが叩かれる音だけが響く夕方の事務所。他のユニットメンバー達は既に帰り、私の読書を妨げるモノは残っていない。誰かに話し掛けられたところで、私の読書が中断されるわけではないけれど。少しばかり…熱中し過ぎてしまいましたか…読んでいた恋愛小説がひと段落つき、長時間の読書によって乾ききった喉を潤そうと一旦本を置...