1 : ◆0Dj8XP4tVYIy - 2018/09/15 17:33:09 syh 1/176 女勇者「てやああっ!!」悪趣味な装飾が施された玉座の間で、少女――勇者は剣を振るっていた。剣が纏う淡い光が、その軌跡を浮かび上がらせる。女神の加護を帯びたその聖剣は、実体を持たない魔霊をも斬り伏せることができる。少女と対峙する男は、久方ぶりに痛みというものを感じながらも、肩をすくめておどけてみせた。淫魔王「いやあ、まいったよ。軽くかわいがってあげようと思っていたのに、まさかにここまで追い詰められてしまうなんてね」そういって、男は少女に向かって人好きのする笑顔を向けた。端整な甘い顔立ちは、優しさ...