1 : 以下、名... - 2008/05/14(水) 22:59:00.44 VU+kGNQ+0 1/81 いつも通りの帰り道。いや、今思えばあの帰り道から不穏な空気は感じ取れていた。しかし、当時小学生だった僕にはそんな異常な雰囲気もある種の非日常のように楽しんでいた気がする。なんといっても、僕にはドラえもんがついていたのだから。ドラえもんは、なんでも出来た。空を飛ぶことも、一瞬で目的地へ移動することも。今思えばばかげたテクノロジーだった。しかしそのテクノロジーが、あのときの僕には、生活のすべてで、僕の支えだった。どんなことが起きても、ドラえもんがなんとかしてくれる。そう、思ってたんだ。の...