前回 1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 10:51:30.75 ID:iqntV7NT0 ─とあるビル 地上200㍍── ヒュゥゥゥゥ…… 真ちゃんが、アスファルトに向かって真っ逆さまに堕ちていく。 真「はは……ボクはここまでみたいだ……」 粉々に散ったガラスの破片が舞う。 真「最期に、仲直りしたかったな」 口の端から血の泡を吹き出しながら、苦しそうに微笑む。 真「ごめんよ、雪歩」 待って、真ちゃ──。 ……グシャッ…… 鈍い音と共に、真っ赤な噴水があがった。 引用元:...