1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/03/29(水) 13:55:36.13 :hzwEcQ47o 花丸「愛してるよ、善子ちゃん」 そう言ってマルは善子ちゃんに唇を重ねた。 善子「ん…………ふっ……」 善子ちゃんの唇のやわらかさを、息を凝らして一切の動きを止めて味わう。 しばらくそうしていたが、やがてゆっくりと鼻腔から呼気を抜き、触れ合わせた唇をさらに押し付けると、マルの裸の腕を掴んでいた善子ちゃんの手に力が篭るのが分かった。 2:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/03/29(水) 13:56:25.50 :...