214: ◆tdNJrUZxQg 2019/11/08(金) 02:00:25.80 ID:WJ3m1kFK0 * * * 理事長室に到着して、全員が入室したのを確認してから、鞠莉ちゃんが扉を閉めようとしたら、 聖良「あ、鞠莉さん。そのままで少し待ってもらえますか?」 鞠莉「え?」 何故か、聖良さんに止められる。 そのまま、5秒……10秒……。 鞠莉「……ねえ、閉めちゃだめ?」 聖良「……もう、閉めていいですよ。ただ、ゆっくりお願いします」 鞠莉「……? わかった」 聖良さんの許可が下りて、ゆっくり扉を閉める。 ……何、今の?...